手放した機材のお話【12】(順不同)

FERNANDES LA-80KK

f:id:conpati:20210325010111j:plain90年代初期~中期に流通していたL'Arc~en~Cielのkenさんのシグネチャーです。

 

私はラルクを一切通っていないのですが、SSHでロックFRTというスペックが私にヒットし、思わず購入。ボディはソフトメイプル2P。ソフトメイプルというものがよくわかりませんが、メイプルボディの10万以下のモデルはかなり希少価値高いのでは???

 

重量は少し重めな感じがするが、アルダーとはそれほど体感重量としてはかわらない気がしました。メイプルだからなのかトレブルが目立つジャキジャキのサウンド

 

「ボディがメイプル」というところ、LUKEファンの方はオッ?と思われるかもですが、VAのLUKEの仕様を連想させます。LUKEファンの私はそこに釣れられて購入したのもあります。(あれは1Pメイプルですが)

 

f:id:conpati:20160824153241j:plain

ミニスイッチはリアのタップON/OFF、1Volの仕様。FERNANDESオリジナルPU、決して悪くないのですが、やっぱり輪郭がボヤッとしててキレがまったくないため、後にアンディ・ティモンズシグネチャーPUに交換してなかなか良い感じになりました。

 

内部キャビティは防磁処理されておらずノイズまみれ。

f:id:conpati:20160930001058j:plain

Freedom Custom Guitar Researchの『Noise Hell』を内部に塗りたくり、ノイズ減少に成功。

f:id:conpati:20160929225201j:plain

 

 

リアのシングルサウンドは使用しないので、タップのためのミニスイッチを取り外し、普通の5WAY、1VOL仕様に変更。ライセンスドトレモロの精度は非常によく、繊細に反応し抜群の精度。

f:id:conpati:20160919185216j:plain

とにかく防磁処理がPG裏の一部にしかされていないのでノイズが多い! 先程の防磁塗装をキャビティ内に施し、防磁シートを購入して、PG裏全体に追加して貼り付けた。そうするとかなりノイズは減りました。

 

ネックの設計のバランスが非常に良く、幅広・薄型のネックに山の低いのっぺりとしたフレットでありながらガンガンに速弾きができるネック仕様。僕はこのおかげで、『低いフレットを使用することにより、指が直接ローズに触れる心地よさ』というものを知ることができました。

f:id:conpati:20170324042822j:plain

90年代中盤頃のモデルですが、昔の日本製ギターに共通して言えるのはネックが軟弱なものが多い。 私は「昔の日本製ギターは品質が良い」と、何でももてはやす今の風潮には少し疑問を感じています。

 

アームの精度の良さと、フレット・ネックの具合の良さに惚れて2年ほど使用したものの、軟弱なネックと、PUを買えたところで前に出てこないサウンドに見切りをつけて売却。

 

ただし、10万以下でこのレベルのギターを探しても、まず今それに匹敵するエントリーモデルはないでしょう。

 

某動画で『コスパおばけ』と、いわれている某社のエントリーモデルですが、正直言って、90年代のギターと比べるとクオリティは勝負にならないと思います。

 

そう考えると10万以下でこのクオリテイはやっぱり「驚異的」とまでは言わないけど、かなり頑張って作ってたって感想は素直に出てきます。

 

f:id:conpati:20161016161020j:plain

これは最終形態。 フロントにオヤイデ電気スタッフオリジナルのプロトPUを2個搭載し、リアにはアンディ・ティモンズシグネチャー、ディマジオAT-1、先に述べたようなコントロール系を簡素化し、シンプルで実戦仕様の状態になったもの。

 

「ボディがメイプルのギターでサウンド的に秀でていたところ、良かったこと」は特にこれを使っていた頃には感じられませんでした。「ソフトメイプル」という種類がそうさせたのかもしれません。これがハードメイプルだと当然音が違うそうなので…。

 

手放した機材のお話【11】(順不同)

AIRCRAFT AC-5 春畑道哉モデル

f:id:conpati:20210321042343j:plain

 

TUBEの春畑さんが『Live Around Special96 Only Good Summer』のスタジアムツアーでメインで使用していたド派手なシグネチャーモデル。

 

f:id:conpati:20210321153904j:plain

f:id:conpati:20210321153843j:plain

【Live Around Special96 Only Good Summerより】

 

LIVE AROUND SPECIAL'96 ONLY GOOD SUMMER [Blu-ray]

LIVE AROUND SPECIAL'96 ONLY GOOD SUMMER [Blu-ray]

  • 発売日: 2013/07/17
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

80年代後半から90年代前半にかけて、スクエアの安藤さん、DIMENSIONの増崎さん、土方隆行さんなど、スタジオミュージシャン系の間でモリダイラ楽器のプロデュースするブランド『AIRCRAFT』はちょっとしたブームになりました。

 

復刻しましたが、あれは名前が同じの別のギターです。工房もモーリスの工房ではなく、某国内有名ギターメーカーに委託されています。(スギだかサゴだか、二文字のメーカーだったはず…?)

 

決して悪いものではないです!むしろ昔のAIRCRAFTより、ギターの精度としては良いものだと思います。しかしながら昔のAIRCRAFTを知っている人には、良いところも悪いところも含めてモーリス時代のAIRCRAFTで、今のモデルは全く別のものに感じられると思います。(実際に別物なので…)

 

当時のギタマガに掲載されていた記事によると、それまではFERNANDES製のものを使用していた春畑氏は、DIMENSIONの増崎氏から勧められ使用するようになったそうです。

f:id:conpati:20210129032246j:plain

f:id:conpati:20170308023151j:plain

春畑モデルは最終モデルのジャガータイプのAC-6まで、様々なカラー、PUタイプ、ヴァリエーションが製作されました。しかしながら基本はFRT仕様。

 

初期はいかにもスタジオミュージシャンっぽいEMGのSSH仕様、3ミニスイッチが付いている、無理やりリアにダンカンのパッシブと、フロント・センターにEMGのSAを混在させたちょっと変わったモデルから始まり、段々とステージ映えするような派手なモデルになっていきます。

 

初期のAC-5春は他モデルのラインナップで、メイプルトップ・マホガニーボディバックのモデルがありました。マホとメイプルの比率が50:50というかなり贅沢な仕様でした。当時を知る方から聴く話によれば、「横山氏曰く「メイプル貼るならこれくらいにしないと音に影響しない」って言っていた」とのこと。

 

f:id:conpati:20210321153922j:plain

ミュージックステーションより】

 

 

 

【そもそも春畑さんとの出会い】

僕は上京して初めてのバイトに、ライブの警備を選びました。

 

もともと好きだった音楽に接することができて、拘束時間は長いものの、リハから見られるというバイトはとても刺激的だったのです。当時は、B'zのLOOSEのツアーやBUCK-TICK徳永英明さん、長渕剛さん、そうそうたるメンバーのライブ警備をして、リハから見ることができました。余談ですが、当時のガキ使のロケ警備などもあって、ど田舎から上京したばかりのボウズにとっては、非常に刺激的な日々でした。

 

ちょうどその中、春先のTUBEのホールツアーの警備に当たるチャンスが得られました。武道館で行われたアルバム『Only Good Summer』をひっさげての『Only Good Times』のタイトルを冠したツアー。

 

 

f:id:conpati:20180525003458j:plain

 

それまでは春畑道哉という名前は知っていたもの、それほど興味があるギタリストではなかった。(ああ、TUBEの人だよね…はるばたけ…さん??)くらいの印象だった。だがライブで聞こえてきたのは、ヒットチャート常連の歌謡ロック・バンドというイメージでは収まらない、最高にハードロックしたサウンドだった。

 

僕はそのホールツアー(今となっては2回警備したか3回警備したか思い出せないが…)もうそれだけで春畑道哉というギタリストにガッツリハマってしまった。18歳の僕は武道館のそのライブで今現在までの「ギタリスト人生の半分」を捧げてしまうほどの影響を受けたギタリスト、春畑道哉氏と衝撃的な出会いをしてしまったのである。

 

 

【AIRCRAFTとの出会い】

僕は96年に上京し、専門学校時代は毎日のように学校終わりには渋谷のイケベ楽器へ遊びに行っていた。今はもう跡形もないが1Fにはメガネドラッグ、その上は釣具の上州屋があるビル、その地下にあった頃のイケベ楽器へ毎日のように寄っていた。(B'zの「野性のENERGY」のPVで出てくるところ)

 

壁に吊るされたAIRCRAFTのギターのうちの一本、「去年買ったLive ビデオで見まくって憧れたあのギターがあるじゃないか!!!」僕はそのまま試奏も軽めに済まし、人生初のローンを組んだのでした。

 

その頃いつもつるんでいた友達、今では音響監督として多くのゲームの収録に携わっている友達の小泉豊くん(今現在、中国のオタクには一番名を知られている音響監督らしい)は「こんちゃん、マジかww」と興奮気味に突っ込んでいたのを覚えています。

 

 

f:id:conpati:20210129032332j:plain

春畑道哉氏、直筆のサインが入っている。

 

f:id:conpati:20210321042730j:plain

 

Music Manを連想させるような、細く握りやすいネック。薄いのではない、細いのである。むちゃくちゃ握りやすかった。本当にこのギターを買ってからというもの、練習した、練習しまくった。

 

浪人し、大学に入ってからも寝る間も惜しんで、ウトウト寝落ち寸前の状態で春畑さんの繰り出す、独特な音並びの速弾きの練習をしていた。僕は1997年から10年間ほど、春畑さんのようなギタリストを目指してではなく、春畑道哉』になりたかった

 

ピッキングや姿勢、ステージング、ギターを持つ角度、彼がTUBEで披露するステップまで…完全に本人に近くなるように鏡を見ながら真似たものです。

 

f:id:conpati:20190331005447j:plain

 24年使っても全くサビやくすみの来ないFRTユニット。錆びてるのは、本体以外のパーツ。

 

 

【別れの日…】

 

一生連れ添うと思っていた、そんな思い入れのあるギターでしたが、2021年3月18日についにお別れとなりました。

 

シグネチャーモデルというのは、買ったときには非常に嬉しいものですが、自分のオリジナルトーンを探しているときには、これほどモデルの方の個性が邪魔になるものはなく、どこに行っても「春畑さん好き」というフィルターを通して見られてしまう…。

 

それはオリジナルトーンを探している者にとっては致命的でした。昔の好きだった気持ちは、段々と自分を縛るものになっていったのです。

 

私はトモ藤田さんをリスペクトするようになり、またトモさんリスペクトのインストラクターに習ったりするようになるうちに、自然とプレイスタイルも歪みも変化していきます。

 

段々とこのギターはサブに回ることが多くなり、当時習っていた先生からは「これを手放して、新しいギターを買ったらどうか」と勧められたこともあって、「今、現役で春畑さんを大好きな方にもっともっと使ってほしいな…」と去年くらいから思い始めていました。

 

そこへ手放すことを後押しする決定的な出会いが起こります…。

 

ギタリスト大江康太くんとの出会いでした。和製デレクという呼び方が正しいかはわかりませんが…、強烈な個性とトーンで僕にガツンと衝撃を与えてくれました。僕は今まで一度も欲しいと思ったことのない、Gibson SGがほしいという欲が出てきてしまいました。そしてそれは、AIRCRAFTの春畑さんモデルを手放そうという、最終的なきっかけになりました。

 

 

 

2020年の年末から、ヤフオクに出品するため下書きを書いては消し、書いては消し…3ヶ月ほど迷ったでしょうか。

 

そして3月になった頃、ついに出品。 

 

しかし、驚くべきことに、1時間もしないうちに即決価格にて落札されました。

 

 

 

落札者さんとのメッセージやりとりで「ずっと探してたんです!!」と、興奮気味にメッセージをくれました。(あまりにも落札が早すぎる、転売屋だったら嫌だな…)と少し不安な気持ちもふきとび、心から嬉しかったです。

 

本当に好きな人に買っていただけました。24年もの間、苦楽をともにし、大切に使ってきたギターの第二の人生を最高のスタートを切らせてやれたと、心の底から思えました。

 

もう思い残すことはありません。ありがとう、さようなら!

 

AIRCRAFT AC-5!!!!

 

僕のギター人生の半分以上を一緒に過ごしたギター!!!

 

本当に感謝しています!!!文章書きながら泣きそう!!笑

 

 

f:id:conpati:20190323002356j:plain

 

今ではYOKOYAMA GUITARSで日本屈指のアコースティックギターのルシアーとして名を馳せる、横山正氏の直筆サイン。

 

 

f:id:conpati:20210310040742j:plain

 当時の雑誌の広告、この推しよう。イケベの力の入れ具合の凄さ。

 

手放した機材のお話【10】(順不同)

Bugera V5

f:id:conpati:20190715030523j:plain

練習用に中古で購入したもの。家庭練習用には十分なクオリティでした。今使ってるMarshall のDSLの方が表現力が高く、クリーンChが自然にドライブするので手放しました。中古で入手したのですが、SPがEMINENCEに交換してありました、ざっくりですがノーマル版よりやっぱり音は良かったです。

 

 

f:id:conpati:20190715030625j:plain

YAMAHAのカタログページを

5年前くらいにアップして、結構PV稼いでたYAMAHAのカタログ写真のページが消えちゃったみたい。追記したいところがあったから、Edge使って書き足したりプレビューを見たりを数回繰り返したらページが固まって、F5でリロードしたら記事がなくなってたわ…(´・ω・`)

 

写真はあるから再アップしてもいいけど、文章は面倒だなぁ。なんか新しいはてなブログ使いにくい所がちょいちょいあるね。

YAMAHA MGS&VG

YAMAHA MGS&VG

1993~4年、楽器店で配布されていたリーフレットをスキャンしたやつの大きめのが出てきたので。

f:id:conpati:20210307013002p:plain

 

f:id:conpati:20210307013030j:plain

MGSとVGは両方とも、STANDARDですがユーザーになれたし、過去語り尽くした感があるので、もう特に語ることはございません…笑

 

私の所有していたVG-STANDARDはTOPに綺麗な虎目が浮き出ていて、すごく綺麗でした。TOP落ちするし、そんなに音はいいギターではありませんでしたが、中学生の頃から憧れていたギターで、所有する喜びはものすごかったですね。人生の半分の目的を達成したかのような充実感に満たされたものです。 今はMGS-CUSTOMの方が気になっています。中古で出たら買ってしまうかもしれない。

 

 

 

 

 

手放した機材のお話【09】(順不同)

MADPROFESSOR Twimble

f:id:conpati:20191126030917j:plain

悪くはなかったけど…最高ではなかった。 ライブとかで使う前に手放しちゃったな。

 

あまりに短期間の所有だったため、特に記憶に残ってないし、語ることもないという…。

 

思い出のワウ。

Jim Dunlop GCB95 MOD

f:id:conpati:20210305012256j:plain

写真がむっちゃ大昔のやつですが。

 

私が18歳まで過ごした岡山県津山市、その街で1980年代から90年代後半にかけて楽器屋、CD屋といえば平和堂楽器さんと吉田楽器さんでした。商店街の近くにあり、僕らの街で唯一流行の最先端はそこにあった。(まぁ言ってみれば、B'zの稲葉浩志さんの音楽性も育てた一端を担ってるお店かもしれないね)

 

その後、1992~3年頃に東津山駅前に出来た『ブックセンター コスモ』がその手の店の巨大勢力になった(最近閉店しましたが)。アルネ津山の裏で2000年代の後半くらいまで営業していた吉田楽器が河辺に移転してからは、LMを扱う楽器屋は津山市では消滅。

 

かつては作陽音楽大学をかかえ音楽の街と呼ばれていた。中国地方各地より音楽を学ぶ学生たちが集った津山市ではあるが、作陽音楽大学の移転を皮切りに、音楽としての街の勢いを悲しいほど失っていくことになる。

 

とまぁ長い前置きになったが、その吉田楽器さんの中古コーナーは人口10万人程度の地方都市の楽器屋としてはなかなかのラインナップだった。

 

2007年頃、実家に帰省しているときにフラっと立ち寄った吉田楽器(商業施設アルネの裏にあった頃)。地方都市の商店街のお店には人はいない、本当にいない。その静かな店内で良さげなワウを見つけた、ロジャーメイヤーのレッド・ライオンを搭載したワウ。なぜか知らないが、その箱のデザインに妙に惹かれてしまって思わず購入。音痩せも少ないし、格好いい音が出るし、今でもお気に入りの一台です。 

 

ただとにかくワウを使わない、使用頻度が低すぎる…笑