今週購入のCD

ロジックシステムの紙ジャケシリーズ。シンセサイザー奏者、松武秀樹氏のプロジェクト。YMOの初期プログラミングに関わった方だそうです。youtubeとかで見てるとコメント欄で一部の変なYMOファンに粘着されててかわいそうだなぁと思っちゃった。



この中で一番のストライクは、はちみつぱいの『センチメンタル通り』。これまで聴いたことのなかった鈴木慶一さんのグループ。僕の中でははっぴいえんど的なイメージで捉えていたのだけど、もっともっとスタジオミュージシャンライクで、ものすごい楽器が上手い!こんなに楽器の上手なバンドがいたのか!という驚き。

センチメンタル通り(紙ジャケット仕様)

センチメンタル通り(紙ジャケット仕様)


右上はその鈴木慶一の弟さんで、ムーンライダーズのベーシストである、鈴木博文さんのソロアルバムベスト。 これもまたいいんだな、フォーキーなんだけどしみったれてない。 僕はフォークは好きなんだけど、じめじめした感じだけはどうしても好きになれなくて、でもこれにはそれがない。

1987-1994

1987-1994