ベスト・オブ・エルヴィス・コステロ~ファースト 10 イヤーズ

相変わらず何も進んでない!



明細もらったら、久々に給料が○万円も多くてちょっとびっくり 年末年始分のが結果に出ましたな。 まだ振込みはされてないけど、喜びいさんで今月に入ってすでにCDを3枚買った




本日購入は、2007年リマスター版のSHM-CD初期コステロベスト 『ベスト・オブ・エルヴィス・コステロ~ファースト 10 イヤーズ』



僕はコステロといえば、R&Rの人だと思ってます 近年映画の主題歌として流行した『She』のバラードなイメージって全然ないんすよ 。 やっぱコステロはスピード感のあるR&Rにラップに近いくらいの歌を乗せて、エレキギター片手にクネクネしてないとね!(笑)






以前買った1000円の輸入版ベスト(赤い帯にカタカナでミュージシャン名と、簡単なアルバム説明が載ってたシリーズのヤツ)これがひどくて、ちゃんとしたベストが一枚欲しかったところ。  その1000円ベスト、何がひどいかってCD自体が薄い!!びっくりの薄さです!!こんな薄いと回転してて盤が安定しないと思う…多分素材をケチっているから安かったんだろうなぁ。






んで、SHM-CDで出たベスト



コステロSACDでは今のラインナップ以外が発売される気配はなし。 既存のリマスターは残念音質…となると、今現在発売されている音源として、一番マトモといえるのはSHM版でしょうか、今一通り聴いてみてそんな感想でした。


ガウチョの時のような「これが高音質?んー…」という出来ではなくて、インチキリマスター版にありがちな、トレブリーな音でもなく、ナチュラルな広がりを持った、マイルドでいい音のCDだと思いました。  値段も2500円と納得。 「このクオリティで、この値段ならSHMは十分買うに値するなー」と初めて思ったのであります。



もちろん「革命的なサウンド!CDの歴史が変わる!」なんてもんじゃないです、でも既存の盤にマトモな音質のものがないコステロだからこそ、このSHMバージョンは十分にありだとおもいました。